名張第九を歌う会ホームページ想い出写真集>第26回写真集

名張第九を歌う会


 29回写真集(2019) 28回写真集(2018)  27回写真集(2017)  26回写真集(2016) 
 25回写真集(2015) 夏の第九写真集(2015)  24回写真集(2014)  23回写真集(2013) 
 22回写真集(2012) 21回写真集(2011)  20回写真集(2010)  19回写真集(2009) 

第26回 市民コンサート「第九」写真集

 
 
  今年は4月に発生した熊本地震からの復興を支援するという目的を持ってコンサートを開催しました。第1部のピアノ2重奏のあと熊本の皆様にエールをお送りする気持ちを込めて、746人の客席の皆様と一緒に「あんたがたどこさ」と「故郷」を合唱しました。会場には募金箱を置き、チケット売上代金の1割と合わせて14万円の義援金を名張市社会福祉協議会を通じて熊本県へ送ることができました。ありがとうございました。  
開演前に公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団様より
今回の演奏会に対して助成金の目録贈呈式がありました
 
同財団の事業部長様より代表へ目録贈呈
 
助成金目録
  本番に向けての準備
 
9時から男性陣で山台の組み立て
 
舞台には横看板を準備
 
舞台拡張のため客席椅子の一部を撤去

 今年は補助椅子も最初から置きました
 
入口前行列に備えてテンサバリアー設置
 
10:45から発声練習
 さあ開場です
 
開場前から長蛇の列
 
駐車場の交通整理も大変です
 14時開演 亀井名張市長のご挨拶
 
亀井名張市長のご挨拶
 
 亀井市長から、「天災は忘れた頃にやってくるという諺がありますが、最近は天災は忘れる間もなくやってきます。今年の第九コンサートは熊本地震の復興支援を冠しての演奏会としていただいてます。熊本はまだまだ大変です。皆様の温かいご支援をお願いするとともに、その皆様の気持ちが熊本に伝わるようなそんなコンサートにしていただければと思います。」とご挨拶いただきました。

 第1部 桂 富佐さん、眞優さん親子によるピアノ2重奏
ガーシュウィン作曲のラプソディ・イン・ブルー
 
   
 

 休憩前に熊本へエールを送る気持ちを込めて
客席の皆様と一緒に「あんたがたどこさ」と「故郷」を歌いました

そのあと例年通り第九の「M」の部分を練習しました
 
リードは松岡代表


あんたがたどこさ
肥後さ  肥後どこさ
熊本さ  熊本どこさ
せんばさ
せんば山にはたぬきがおってさ
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ 食ってさ
それを木の葉でちょっとかぶせ
 第2部は朝倉先生のお話しから
 

「第九は意外と宗教的な曲です。2楽章と4楽章にトロンボーンという楽器が使われていますが、この楽器はもともと教会で使われていたもので神を表す楽器なのです。交響曲で使われるのは珍しいことでした。そして調べてみるとベートーヴェンが言う神様はあまり狭い意味でのイエスキリストではなく、私たち全てを作った創造主みたいなものだったようです。昔の有名な指揮者の言葉に、「ベートーヴェンは生涯孤独な男だったが、全世界の人々を一つにした。」というのがあります。ではこれから70分、長いですがお楽しみください」
第2部 交響曲第9番ニ短調(ベートーヴェン)
 
第九のMの部分を会場のお客様と一緒に840人の大合唱
 
ソリストのみなさんも熱唱
 
合唱団 ソプラノ
 
    合唱団 テナーとバス
 
合唱団 アルト
 
花束贈呈
 声を合わせることは、心を合わせること。第九という曲に魅され、私たちは思いを一つに今日まで練習を重ねてきました。今年も世界中でテロや紛争が起こり、悲しい出来事がありました。
 今日、この会場を包み込んだ皆様の歌声のように、すべての人々が心をつなぎ、歓喜を分かち合う日がくることを願ってやみません。新しい年が、皆様にとって喜びの多い年となりますように、来年もまたこの会場でお会いしましょう。
ナレーション
    
 
フィナーレは客席の皆様も一緒に
ペンライトを振って蛍の光の合唱
 歌い終わってホールロビーで
 
みなさんと 記念撮影
 
ソリスト・ピアニストのみなさん
12月26日 集まった義援金を亀井市長に寄託
 
 

 12月26日(月)、名張第九を歌う会の3名が名張市役所に亀井市長を訪問し、熊本地震義援金を市長に手渡しました。義援金は名張市社会福祉協議会を通じて熊本共同募金会に届けられます。
多くの皆様のご協力をいただきありがとうございました。

<熊本義援金>
 会場で集まった募金額
   68,377円
 チケット売上代金の1割
   75,800円
 合計         
  144,177円


第26回 市民コンサート「第九」 打ち上げ写真集
 
 
 演奏会終わって、指揮の朝倉先生、ソリストの皆さん、大阪市民管弦楽団代表の皆さん、桂さん、そして特別講師の羽根先生にも参加いただき、第九の会員と合わせて80人が名張産業振興センター(アスピア)に集まって打ち上げ会を開きました。
 
まずは乾杯とスピーチで宴会が始まりました
 
何はともあれまず乾杯
皆様お疲れ様でした
 
代表から会員全員による
運営に感謝の挨拶
 
指揮の朝倉先生から今年の合唱はすごかった
あとはピアノの部分が課題との講評
 
特別講師の羽根先生からは90名とは思え
ない気迫のこもった合唱だったとのお言葉
  
今年もオードブル形式の食事、80人の参加で会場も一杯
 ご招待したソリストと出演者の皆様からも
 
テノールは指導者の一海先生
今日は厳しい話はやめときます(笑)
 
メゾソプラノ藤原先生
9年ぶりの名張の舞台、楽しかった
 
ソプラノの久保田さん
みなさんの声に後押しされました

バリトンの松田さん
実は幼稚園からここが地元なんです
 
第1部でピアノ2重奏の桂さん
思い出に残る舞台でした
 
  大阪市民管弦楽団からは3名様に参加いただき
ご挨拶をいただきました。また昨年の夏の第九に
続いて今回も遠く千葉県からご参加いただいた鈴
木さんご夫妻にもご挨拶いただきました。

第九演奏会は多くの人の力と心を合わせることで
開催できる演奏会です。感謝したいと思います。
 

 
恒例の皆勤賞の表彰、おめでとうございます
何と今年は皆勤賞が11人!!
 初受賞が5人、2回目の方が3人、3回目が3人
 
新人での皆勤賞は立派です(拍手)
 
何と代表が皆勤賞! 恥ずかしそうです
 お客様を除く会員の席は昨年同様くじで決めました
みなさん満足感にあふれ、楽しそうですね
 
テーブル1
 
    テーブル2
 
テーブル3
 
テーブル4

テーブル5
 
テーブル6
 
テーブル7
 
テーブル8

テーブル9
 

テーブル10
 
 
テーブル11
 
テーブル12
 
テーブル13
 
テーブル14
 
聖夜と今日の日はさようならを
 
全員で歌っておひらき
 

 29回写真集(2019) 28回写真集(2018)  27回写真集(2017)  26回写真集(2016) 
 25回写真集(2015) 夏の第九写真集(2015)  24回写真集(2014)  23回写真集(2013) 
 22回写真集(2012) 21回写真集(2011)  20回写真集(2010)  19回写真集(2009) 

名張第九を歌う会ホームページ想い出写真集>第26回写真集